「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

とび・土工・コンクリート(基礎工事)

建築物の基礎の部分を専門につくるのが基礎工事業だが、戸建てなどの比較的小規模なものから橋梁などの大規模なものまで多岐に分かれ、使用する工法も規模や状況によってさまざま。近年は1つの工法ではなく、いくつかの工法を組み合わせた併用工法が求められている。中でも橋梁の基礎工事は、大型特殊重機による杭打ちハンマーやスクリューを使うダイナミックな工法が主流になっている。

1年目〜10年目 10年目〜20年目 20年目以降
  • 入職5年目

    どんな仕事も極めればおもしろい。仕事が分かって、自分のスタイルができて、楽しくなる。


     仕事を見る >

  • 入職14年目

    仕事を覚えれば楽しくなりますし、がんばった分だけ収入も上がります。


     仕事を見る >

  • 入職25年目

    大型重機を使って杭を打ち、大きな橋梁などの基礎づくりを担っています。      


     仕事を見る >