「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

造園工事 この業種を詳しく見る

一昔前には「植木屋さん」と呼ばれていた造園業の仕事だが、樹木の管理(整姿・剪定、移植など)だけではなく、個人の庭づくり、公共事業の公園づくりに関連する、竹垣・飛石・レンガ施工に至るまで実に多岐にわたっている。1年を通じて“みどり”を創り、守り、育てています。

1年目〜5年目 6年目〜10年目 10年目以降
  • 入職3年目

    植木から花、石の配置まで総合プロデューサー的な役割を担っています。



     仕事を見る >

  • 入職9年目

    入社して9年目、現場管理の補佐という役割を主に担っていますが、現場監督や職長として現場に出ることもあります。


     仕事を見る >

  • 入職21年目

    今でも仕事のたびに新しく発見することがあり、常に工夫の余地があるので、達成感を感じる機会が多いです。


     仕事を見る >