「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事) この業種を詳しく見る

軽鉄・ボード工事は、内装仕上げ工事の一つであり、躯体工事(建物の骨組をつくる工事)が終わってから現場に入ります。床や柱などに描いてある墨(壁を立てる位置や天井をつくる高さの基準となる線)を基に、軽量鉄骨(軽鉄)という天井・壁の骨組みを立て、その上に天井・壁の表面となるボードを張ります。内装工事の職種の中でも先行して入る職種なのでこの作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性に大きく関わります。

1年目〜5年目 6年目〜10年目 10年目以降
  • 入職1年目

    慣れてきましたが、親方や先輩方の仕事を見て、感じて、覚えることがまだたくさんあります。


     仕事を見る >

  • 入職7年目

    自分が携わった現場の近くを通ると「やっぱりすごいな」と今でも思います。


     仕事を見る >

  • 入職28年目

    駆体工事と仕上げ工事をつなぐ仕事だから、若い人達には頑張ってもらいたい。


     仕事を見る >