「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

とび・土工・コンクリート(とび) この業種を詳しく見る

建設工事の現場で、高所での作業を専門とするのが、とび(とび職)。作業の種類などによって、足場とび、重量とび、鉄骨とびなどに分けられることもある。中でも、足場とびは建築現場で必要な足場などを設置する仕事で、危険な高所を自由に動き回る事から、建築現場の職人の間で「現場の華」とも称される。

6年目〜10年目 10年目以降 1年目〜5年目
  • 入職6年目

    高所で、しかも外気にさらされた場所での作業。完成した姿を眺めると、そんな苦労も吹き飛びます。

     仕事を見る >

  • 入職13年目

    高層ビルの現場は、とびの職人抜きには始まらない…。作業の足場を設置する重要な役どころです。

     仕事を見る >

  • 入職26年目

    厳しい仕事に就かせてほしいと会社に頼み、これまで技能や知識、ノウハウを身に付けてきました。

     仕事を見る >