「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

とび・土工・コンクリート(土工事 この業種を詳しく見る

ダム、道路、港湾、ビル建設、土地造成といった工事現場や災害現場で活躍するのが、ブルドーザーや油圧ショベル、クレーン、ダンプなどの建設機械(重機)になる。人の力では困難な掘削や運搬といった大規模な作業を効率的かつ安全に行うために用いられる。それぞれ重機の特性を理解して操作する重機オペレーターは、工事現場における花形的な職種といえよう。

6年目〜10年目 1年目〜5年目 10年目以降
  • 入職7年目

    山を切り崩して造成したりする大自然を相手にする“男の仕事”です。        


    仕事を見る

  • 入職12年目

    実際に建設機械を見たときは、その大きさに驚き、「これを運転できるのか」と心が躍りました。


    仕事を見る

  • 入職18年目

    この仕事を選ぶに当たっては、父親の影響も少なからず受けていると思います。


    仕事を見る