「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

左官工事 この業種を詳しく見る

建物の壁や床、土塀などを、コテを使って塗り仕上げる仕事。主な仕事場は、マンションやビルなどの建設現場。ペンキやタイルの下地塗り、コンクリートの土間打ち、階段の仕上げ塗りなど、さまざまな仕事がある。デコボコのコンクリートの壁を平らに滑らかに仕上げる、いわば現場のメイクアップアーチストである。

1年目〜5年目 10年目以降 6年目〜10年目
  • 入職5年目

    「左官職人になりたい」という思いに周囲のみんなが応援してくれた!


    仕事を見る

  • 入職15年目

    なかなか、先輩たちのようにうまくはいきませんでしたが、いろいろな経験をすることによって、自然と技は身につきました。


    仕事を見る

  • 入職29年目

    その場の状況によって出来映えが左右される、常に創意工夫が求められる左官の世界。

    仕事を見る