「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

塗装工事 この業種を詳しく見る

建築物の内装や外装を塗装する技能技術者が、建築塗装工だ。依頼主の要望や設計図をもとにして、それに沿った塗装を施して行く。戸建て住宅や会社、事務所、高層ビルの外壁など、あらゆるところに活躍の場がある。壁の材質や外装の状態などにより、使用する塗料や塗装方法も異なってくるため、熟練の経験と技がものを言う世界である。

1年目〜6年目 6年目〜10年目 10年目以降
  • 入職6年目

    周りの人たちに支えられているということをすごく実感しています。
                       


     仕事を見る >

  • 入職9年目

    熟練の塗装技術に加えて繊細な神経と美的センスが必要です。
                       


     仕事を見る >

  • 入職23年目

    この時代、この時期に建築業に携わることは何十年経ってもかけがえのない財産になるはずです。


     仕事を見る >