「専門工事業」の仕事
職種は26業種
(平成26年8月現在)
一人前っていつ?

 専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャル集団です。その専門性により26業種に分かれており、現在、そのうち7業種を紹介していますので、実際の建設現場でのそれぞれの役割・仕事内容や自分が職人になった際の姿等を照らし合わせて想像してみてください。(職種は順次拡充予定)

大工工事(型枠大工)

左官工事

とび・土工・コンクリ−ト(とび)

とび・土工・コンクリ−ト(土工事)

とび・土工・コンクリ−ト(基礎工事)

電気工事

鉄筋工事

塗装工事

造園工事

内装仕上工事(軽鉄・ボード工事)

電気工事 この業種を詳しく見る

建築工事で、一般用電気工作物または自家用電気工作物などを設置し、各種電気設備を設営する。建設作業と平行して行うことが多く、図面をもとに、建物に電線を引き込み、配線し、コンセントやスイッチ、照明器具などの端末に電気を届ける。電気を必要とするところならどこでも仕事があり、作業現場は高層ビルから商店、戸建住宅まで多岐に渡る。

10年目以降 1年目〜5年目 6年目〜10年目
  • 入職5年目

    入社の決め手は恩師の推薦でした。その当時は就職難で、安定した会社で大きな仕事をしたいという思いもありました。

     仕事を見る >

  • 入職12年目

    配管や配線から、建物全体の照明器具が点灯するのを確認するまで、建築工事のすべてに関わる重要な仕事です。

     仕事を見る >

  • 入職29年目

    入社後は現場を経験し、職長として切り盛りしてきました。2009年からは管理部門に就いて品質管理や社員教育もします。

     仕事を見る >