基礎工事

『基礎工事』は、建物が沈んだり、転倒したり、移動したりしないよう、また、建物自身の重みを地盤にしっかり伝えるための基礎を築きます。建物の基礎は、建物を支える形式の違いで「直接基礎」と「杭基礎」に分類されます。

土工事

ダム、道路、港湾、ビル建設、土地造成といった工事現場や災害現場で活躍するのが、ブルドーザーや油圧ショベル、クレーン、ダンプなどの建設機械(重機)。
人の力では困難な掘削や運搬といった大規模な作業を効率的かつ安全に行うために用いられ、それぞれ重機の特性を理解して操作する重機オペレーターは、工事現場における花形的な職種といえる仕事である。

若手の仕事を見る
次の工程

建物の基礎や地下に構造物を作る際に、土が崩れないように山留めをするために鉄骨を地中に埋め込む

山留めを強固なものにするために、「腹起し」や「切梁」と呼ばれる格子型の突っ張りをする

基礎が正しい形で作られるように、地面の底を平らにするためにコンクリートを敷く