基礎工事

『基礎工事』は、建物が沈んだり、転倒したり、移動したりしないよう、また、建物自身の重みを地盤にしっかり伝えるための基礎を築きます。建物の基礎は、建物を支える形式の違いで「直接基礎」と「杭基礎」に分類されます。

基礎工事

建築物の基礎の部分を専門につくる基礎工事業。その仕事の範囲は戸建てなどの小規模なものから、橋梁などの大規模なものまで多岐に分かれ、使用する工法も規模や状況によってさまざまである。
近年は1つの工法ではなく、いくつかの工法を組み合わせた併用工法が求められている。中でも橋梁の基礎工事は、大型特殊重機による杭打ちハンマーやスクリューを使うダイナミックな工法が主流になっている。

若手の仕事を見る
前の工程 次の工程

軟弱地盤の場合、地盤改良などにより建物の荷重に地盤が耐えられるよう地盤の補強をする

地中の最も丈夫な支持層に向け穴を掘り、コンクリートで建物を支えるための杭を作る

地中の杭と、これから建設される建物を繋げるため、杭頭を処理して鉄筋を出す