建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催

建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催

夏休みの恒例イベント「子ども霞が関見学デー」が、7月29日、30日の2日間、東京・霞が関の国土交通省において開催されました。各省庁で実施しているこのイベントは、子どもと親御さんが省庁の職場見学などを一緒に行うことにより親子のふれあいを深め、広く社会を知る体験活動の機会や、行政の仕事についての理解を深めてもらうことを目的にしています。

建設産業が一体となって活動する建設産業戦略的広報推進協議会(以下「広報推進協議会」)では、子どもたちに建設産業についてもっと知ってもらうことを目的に、建設機械の試乗や職人さんのものづくり体験など、さまざまなプロプラムを実施。各会場は多くの親子連れで盛り上がりを見せました。


建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催

国土交通省の正面玄関わきの屋外スペースでは、ミニパワーショベル(小型バックホウ)3台と高所作業車1台を使った「試乗体験」を企画。ミニパワーショベルに試乗した子どもたちは指導係のオペレーターのアドバイスを聞きながら、ショベルを前後左右に動かして色とりどりのカラーボールすくいにチャレンジ! また、高所作業車に試乗した子どもたちは地上約15mの高さに少し緊張した表情を浮かべながら、「こんなに高いところで仕事するなんてすごい!」と目を輝かせていました。また、同省10階の大会議室では、左官、造園、アンカーの各職人さんによる実演や体験コーナーを開催。例えば「左官職人」コーナーでは、実際の「こて」と左官材を使った「塗り壁体験」や、型を使った「こて絵体験」を行い、順番待ちが出るほどの人気でした。

建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催



建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催



建設産業の仕事を知るきっかけに!重機の試乗から、職人さんと一緒にものづくり体験まで「子ども霞が関見学デー」開催

また、公務の合間を縫って太田昭宏国交相も姿を見せ、子どもたちと握手をしたり、記念撮影にも気さくに応じてくれました。なお、今回のイベントでも昨年同様にスタンプラリーを実施。屋外、屋内のブースに設置された5つのスタンプをすべて集めた子どもには広報推進協議会の委員団体等から寄贈されたグッズなどが贈られました。
例年以上の来場者が訪れた今年の「子ども霞が関見学デー」。建設産業への注目が高まっていることを肌で感じつつ、大盛況のうちに終了しました。


ページトップへ