1. HOME>
  2. インフォメーション

インフォメーション

確かな技術で人と自然をつなぐ建設関連業-フィールドは地域社会から世界まで-

2015年03月11日 確かな技術で人と自然をつなぐ建設関連業-フィールドは地域社会から世界まで-

<建設関連業イメージアップ促進協議会とは>

 国土交通省と関連団体は平成24年6月に「建設関連業イメージアップ促進協議会」を発足させ、建設関連業(建設コンサルタント業、測量業、地質業)の社会的認知度の向上、人材確保、技術継承を目指し、学生等を対象に説明会やセミナーを始めとした様々な活動を実施しています。

○協議会参画団体
(一社)全国測量設計業協会連合会
(一社)建設コンサルタンツ協会
(一社)全国地質調査業協会連合会
(公財)日本測量調査技術協会
(一社)国際建設技術協会
 建設コンサルタンツ協同組合
(一社)全国建設コンサルタント業協会連合会
 国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課



<過去の活動>
 平成24、25年度は、以下の土木・建設系大学生を対象とした建設関連業の説明会を実施するとともに、
国土交通省ホームページで建設関連業の役割や資格制度の情報提供を行いました。

・法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科
・日本大学理工学部土木工学科
・東京都市大学工学部都市工学科
・芝浦工業大学工学部土木工学科
・高知工科大学システム工学群


1

写真1 法政大学 説明会風景

<平成26年度の活動:大学>

 平成26年度は、10月に以下の土木・建設系大学生を対象として、説明会を実施し、建設関連業の社会的役割、業務内容、働き甲斐を関連団体から具体的に説明しました。[写真1]

・法政大学デザイン工学部都市環境デザイン工学科
 3年生(約80名)
・東京都市大学工学部都市工学科
 2年生(約80名)

○説明会を通じて寄せられた意見
「説明会は就職先を考えるうえで役に立った」
「今後も説明会に参加したい」
「給与、待遇を知りたい」
「必要な資格は何か」
「在学時に勉強しておくべきことは何か」


写真2 東総工業高等学校 説明会風景

写真2 東総工業高等学校 説明会風景

<平成26年度の活動:高校>

 平成26年度は活動の対象を広げ、高校生に対する説明会として、千葉県内の2校の県立工業高校建設科の生徒に対し建設関連業のガイダンスを行いました。12月に以下の土木・建設系高校生を対象として、土木分野での建設関連業の役割を動画アニメも交えながら分かりやすく説明し、建設関連業の魅力をアピールしました。[写真2]

・京葉工業高校建設科 1年生(約40名)
・東総工業高校建設科 2年生(約40名)

○説明会を通じて寄せられた意見
「建設コンサルタントや地質調査の仕事について
 初めて知った」
「今後もガイダンスを続けてほしい」
「職場の様子や社員の働きぶりを知りたい」


<今後の活動>

今後、以下のようなことを視野にいれて活動します。
・大学・工業高校への説明会の継続
・説明会の全国展開
・土木・建設系以外の学生を対象とした説明会の実施
・若手社員との交流会・親睦会の実施
・建設フェアー等の一般の方々に向けたイベントへの参加

以上

インフォメーション一覧に戻る