1. HOME>
  2. 建設産業を学びたい>
  3. 建設産業で働く女性がカッコイイ >
  4. インタビュー 国土交通省 土地・建設産業局建設業課 課長補佐 木村 よし子 さん
建設産業で働く 女性がカッコイイ INTERVIEW もっと女性が活躍できる建設業行動計画― 建設業は5年間で女性雇用の倍増を目指し制度・環境整備を進めます!国土交通省建設業課 木村よし子さん

 もっと女性が活躍できる建設業へ向け、8月22日、国土交通省と建設業5団体が会談を行い、官民挙げた取組として「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」が策定されました。
 この計画では、「女性の活躍が、更なる女性の活躍を生む『好循環』へ導く」とされており、「女性技術者・技能者の5年以内倍増」が官民あげた大きな目標として掲げられています。本計画を実行するため、女性の活躍を総合的に応援するポータルサイト『建設産業で働く女性がカッコイイ』が『建設現場へGO!』に開設されました。そこで今回は、国土交通省 土地・建設産業局建設業課 課長補佐 木村よし子さんに行動計画についてお話を伺いました。


Pickup

建設業は5年間で女性雇用の倍増を目指し
制度・環境整備を進めます!

──8月に、国土交通省と建設業5団体が「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」を策定しましたが、国交省と建設業界にとってどのような意味を持つと思われますか。
 まず、皆様にお伝えしたいことは、「女性が活躍できる建設業」になることとは、「男女問わず働きやすい建設業」になるということです。
 例えば、トイレや更衣室が使いやすく清潔に保たれていること。長時間労働を縮減すること。計画的に休暇取得できること。育児や介護と両立できる勤務体制であること。
 これは女性のみに求められる職場環境ではありません。企業や業界、社会を挙げてこの認識を共有した上で環境の改善に努め、女性の更なる活躍を推進することが大切です。また、このことで、建設業界が性別・世代を問わず更に魅力的な業界になり、担い手確保に向けた原動力となるという好循環を業界全体で生み出していくことが重要です。
 国交省と建設業5団体は、「5年以内に女性倍増」の目標を掲げ、「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」を策定し、官民一体となった取組をスタートしました。このような行動計画を行政と業界団体が一体となって策定することは珍しく、「建設業界は業界を挙げて女性の更なる活躍を歓迎し、もっと女性が活躍できる産業に生まれ変わる」という官民一体となった強い決意を感じていただけばと思います。
 この行動計画では、「自らのできることから行動」という意味を込め、敢えて(行政・業界など)誰が担うかという区別を設けていません。現段階において、各業界団体や企業によって、女性活躍に向けてすぐに取り組めることはそれぞれ違うと思いますので、目標設定、先進的な取組分野の共有、環境整備など、できることから随時取り組むことで、国交省、業界全体として女性倍増を目指していくことになります。
 この夏、建設業における女性活躍を応援するため、太田国土交通大臣が女性の活躍する建設現場を視察・激励すると共に、建設業で活躍されている女性による表敬訪問を受けました。私はこれらの場面に立ち会わせていただくことができ、(もちろん私が激励される立場ではありませんが、)女性の活躍を応援するというトップによる強い意志・メッセ-ジが、働く上でのやりがい、誇りなどにつながるということを、身をもって体感いたしました。行動計画には、このような経営トップからのメッセージの必要性なども位置づけられていますが、計画にある目標設定、理解促進、環境整備など様々な戦略や取組について、官民あげて女性活躍に取り組んでいきたいと考えています。
 なお、国交省としては、女性の登用を促すモデル工事の実施、トイレや更衣室など女性が働きやすい現場の労働環境の整備を推進するための積算上の配慮のほか、女性のための訓練施設の改修整備、建設マスターなど現場で活躍する女性の表彰、女性の活躍を促す地域ネットワークへの支援などに取り組んでいきます。

──建設業における環境整備について、どのようにお考えですか。
 環境整備とは、トイレや更衣室などのハード面での環境整備、長時間労働や休暇取得などソフト面での環境整備があります。国交省としても、女性の登用を促すモデル工事の実施や、トイレや更衣室など女性が働きやすい現場の労働環境の整備を推進するための積算上の配慮などに取り組んでいるところです。また、(一社)日本建設業連合会においては、女性を主体とした「なでしこ工事チーム」登録制度を立ち上げました。例えば、8月18日に第一号登録された「チームなでしこ外環田尻」では、専用のワッペンやポスターを自主的に作成しているほか、女性専用のトイレ、更衣室や休憩所設置など女性の働きやすい環境整備の取組を行っているそうです。9月末時点で、計6件のチームが登録されているとのことですが、このような業界による取組が全国に普及することを期待しています。
 更に、建設業で女性が働き続ける上で、一番ネックとなるのは、育児との両立と言われています。私も子供が2人いる立場なのですが、子供がいると必然的に保育園の迎えや送り対応で朝・夕の勤務時間に物理的に制限がかかり、子供の急な発病時には、代替要員をお願いする状況になります。建設現場は早朝から夜までの勤務体制であり、更に担当現場が決まっていることが通常です。このため、育児中の時間的制約がネックとなり、両立が困難とされています。これを支えるのは、周囲の理解を前提とした時間面での環境整備やバックアップ体制の整備です。行動計画では、具体策として、朝礼参加の柔軟化や作業準備や後片付けの分担・工夫等による現場直行や直帰の配慮などをあげていますが、これらはまさに管理職や周囲の理解があってこそです。現場に負担をかけずに、このような環境整備を行うことは、相応の困難を伴うものだと思いますが、各業界団体、企業において少しずつでも先進事例やロールモデルが増えていくことを働く女性として期待しています。目指すべきは、「育児と両立できる現場」です。

Pickup

働く女性のキャリアパス、
ロールモデルを情報発信することは、
働く意欲のある女性、活躍する女性、企業にとって大きな意義がある

こどもと一緒に集めた重機のミニチュア

──このたび、『建設現場へGO!』で女性を応援するポータルサイトが立ち上がりますが、何を期待されますか。
 今回、行動計画策定に携わるなかで、業界の方々等からこんなコメントをいただきました。
 「そもそも建設業に就職する母数となる学生数が少ない」(企業人事担当)
 「男性社会というイメージがあり、自分でも働けるのかという不安がある」(学生)
 「出産、育児のステージで両立できるロールモデルが知りたい」(建設業で活躍中の女性)
 「女性を雇った実績がない業者にとっては、ノウハウがないので、優良事例を知りたいようだ」(業界団体)
 女性の活躍を推進する上でこれらの状況を解決するためには、適切な情報発信が必要不可欠です。具体的には、小中学生や進学・就職といった進路選択を控えた学生さんに幅広く建設業の魅力をPRすること、活躍する先輩女性のキャリアパスやロールモデルを発信すること、女性の採用・登用に積極的な企業情報を発信することなどが挙げられます。
 ポータルサイトでは、建設現場で活躍されている女性や女性リーダーからの現場の声、女性の活躍に積極的な企業情報、そして業界や行政の取組等について広く発信していくとのことですので、建設業で働く意欲のある女性、既に活躍されている女性、企業の三者にとって大きな意義があると思います。今後、活躍されている皆様のご協力のもと、業界、行政によるコンテンツの充実を一層図っていきますので、皆様に是非ご活用いただきたいと思います。
 ちなみに・・・私の5歳になる息子も、建設現場ではいつも足を止めて建設機械の動きを興味深気に注視しています。また、日々、近隣の建物や道路工事の進捗具合をチェックして「前より道路がのびた!すごいね。」「クレーンたかーい」等と言っています。こんな息子を見ていると、建設業に携わっている私も嬉しくなります。男女かかわらず、こうした幼少期の世代を含め、幅広く建設業の魅力を発信していくことが、将来の建設業の担い手確保につながるのではないでしょうか。

平成26年9月末日




『建設産業で働く女性がカッコイイ』ポータルサイト

「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」について

もっと女性が活躍できる建設業を目指し、平成26年8月22日、官民挙げた行動計画が策定されました。
内容については以下の通りです。
「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」(概要)
「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」
「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」(10のポイント)



『建設産業で働く女性がカッコイイ』ポータルサイト

 この計画では、「女性の活躍が、更なる女性の活躍を生む『好循環』へ導く」とされており、「女性技術者・技能者の5年以内倍増」が官民あげた大きな目標として掲げられています。
 本計画を実行するため、女性の活躍を総合的に応援するポータルサイト『建設産業で働く女性がカッコイイ』が『建設現場へGO!』に開設されました。
『建設産業で働く女性がカッコイイ』ポータルサイト