躯体工事

柱、梁(はり)、屋根などの建物の主な構造部分をつくる骨組工事を『躯体工事』と言います。
代表的な躯体としては「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」などがあります。

鉄筋工事

構造物の天井や床、柱など骨組みとなる鉄筋を組む仕事。現場に入ってきた資機材(鉄筋など)を設計図通りに組み立てる。
完成時には鉄筋はコンクリートに隠れて見えなくなるが、建物の骨組みというべき重要な存在。作業で特徴的なのが、ハッカーと呼ばれる工具を使って針金で鉄筋をとめる「結束」。このスピードとでき映えの美しさによって熟練工かどうかが分かる。

若手の仕事を見る
前の工程 次の工程

鉄筋は1本1本を丁寧に結束して繋ぎ合わせる

たくさんの鉄筋を配筋することで、建物の細かな骨になる鉄筋

大きな鉄筋は屋外で組立て搬入する。鉄筋を繋ぎ合わせる際の接合部分は溶接