躯体工事

柱、梁(はり)、屋根などの建物の主な構造部分をつくる骨組工事を『躯体工事』と言います。
代表的な躯体としては「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」などがあります。

型枠大工工事

鉄筋コンクリートの構造物をつくる場合、骨組みとなる鉄筋に型枠という器を組み立て、そこにコンクリートを流し込む。型枠大工は、その枠をつくり、コンクリートが固まったら型枠を外すまでの一連の流れを行う。
型枠には、外壁、柱、梁(はり)、内壁、床用などがあり、建物の規模によって種類も異なる。鉄筋コンクリートの建造物の強度を支える重要な役割を担う。

若手の仕事を見る
前の工程 次の工程

コンクリートのような液体状の材料を固める際に、設計どおりの形状にするための枠組みとなる型枠をつくる

型枠には、外壁、柱、梁(はり)、内壁、床用などがあり、建物の規模によって種類も異なる

建築の基礎となるコンクリートを枠の中に流しこみ、型枠を外すと鉄筋コンクリートが姿を現す